日比谷図書文化館の特別研究室企画の模型の展示が始まり、10日ほど経ちました。

今回の展示は、良い展示になったと、特別研究室の方も大変喜んでいただいています!

1週間ほどは、私も毎日、日比谷図書文化館に通っていましたが、多くの方が見に来て下さっていました。

それに、特別研究室だけではなく、各階に模型を置いて下さっているんです。

 

詳しくは『お知らせ』のページを見て下さいね。

https://image-model.jp/info/3069698

 

 

次は、3月7日のセミナー前後に行くのですが、今から楽しみです。

でも、セミナーの講師をするので、かなりドキドキです。

 

 

ご興味のある方、是非是非ご参加くださ〜〜い!!

 

 

昨年は、あまりにもばたばただったので、今年は、写真のように穏やかで心地のいい、でもいろいろなことに挑戦できる一年になればと思います。

 

皆様にとっても素敵な一年になりますように。

12月24日から31日まで台北に行ってきました。

 

台北はそれほどクリスマスモードではなかったのですが、それでも、台北駅の中にはこんなかわいい装飾が。

 

 

今回も、田園城市生活風格書店に行ってきました!

で、来年はとても素敵なことが起こりそう。起こります。そうなるように頑張ります!!!とっても楽しみです。

 

 

3月のセミナーのために、台湾総督府や国立台湾博物館の資料を探しに国立台湾図書館に行ってきました。

6階には、日本時代の本など、たくさんの資料があるんです。

カウンターのお姉さんにも、いつも大変お世話になっています。いつもいつも本当に感謝です。

 

 


来年もよろしくお願いします!!

 

 

2014年に製作した新竹驛の模型に、庇を取り付けました。

当時は、ちょっと訳あって庇は付けなかったのですが、次の展示に向けて、本来の姿(日本統治時代の状態)にしようと思い、庇と棟飾りを作りました。

庇を付けると、やっぱり駅らしくなりますね。

 

2014年に製作した模型

 

日本当時時代の写真

 

2015年の新竹驛

増築されていたり、外壁が塗装されていたり・・・。(6年前の写真なので、今はちょっと変わっているかも)

それでも今でも使っているのが嬉しい限りですね!

 

 

iphoneだけど、写真もいい感じに撮れました〜〜〜

 

ちなみに、棟飾り、カッターでこつこつ切り抜いてます。

カッターの刃の方が大きいような

 

来年の展示が楽しみです!!

湖東カレッジ情報建築専門学校で非常勤講師をしていたときの卒業生から、模型製作の依頼がありました。2006年度ぐらいの卒業生です。

卒業生から仕事の依頼があるのは、こんなに嬉しいことはないです。

 

台湾に行く前に連絡をいただいたので、さすがにすぐには取り掛かれず、台湾から帰るのを待ってもらっての製作です。

しかも、住宅模型なのですが、模型を作る上ではかなり複雑だったので、思ったよりも時間がかかってしまいました。できたら10月2日までに、間に合わなかったら9日までには納品して欲しいと言われていたのですが、さすがに2日は間に合わず、昨日8日に納品しました。

出来栄えにはとても喜んでもらいましたよ。

実際の建物が完成する前の2月辺りに、見学をさせてもらうことになりました。楽しみですね。

 

縮尺 1/75

 

外観

内観はこんな感じ

 

元学生さんが、『学生の時はまじめじゃなかったけど、今は仕事頑張っています!』と話してくれました。ほんとに嬉しいですね。

実際、私も学生の時はがんばってなかったな〜〜

 

素敵な出会いでした!!

9月11日〜25日まで台湾に行ってきました。

なかなかいろいろな収穫がありましたよ!まだまだどうなるかわからないけどたのしみ〜〜〜

 

期間中の13日は、台湾では中秋節でお仕事はお休み!なので私たちもお休み!!しかも13日は私の誕生日だったので台中で日帰り旅行に行ってきました。でも、この日は体調が最悪で、歩いているだけでもちょっとしんどかったり・・・それだけが残念・・・。

 

それでも、伊東豊雄さんが設計したオペラハウスに行ってきました。外観も特徴的ですが、内観の立体感が素敵でした。ヨーロッパの伝統的なオペラ座も素敵ですが、全く違った感じでとっても素敵でした。屋上も気持ちよかったですよ。

 

夜は、私の大好きなお店に!台湾で一番好きといっても過言ではない!!

家族経営で、歩道が調理場、客席は半屋外。地元の人でいつもいっぱいです。

私たちのことは覚えてくれているので、いつもLINEで予約させてもらってます。

今回は、私の誕生日なの!と伝えたので、日本語で、『お誕生日おめでとう!』って言ってくれました。うれしい〜〜

素敵な日帰り旅行でした。

 

他の日には、以前展覧会をさせてもらった、田園城市風格書店に行ってきました。

社長さんもスタッフもとっても素敵な方々で、台北に行くたびに訪れています。皆さんに会うのがとても楽しみなんです。

しかも、今回、社長さんから、作品集を出版しよう!と言って下さって。日本で作るよりもコストも低いし、台湾の出版物はどれも素敵な雰囲気なので、とても楽しみです!!!!

 

北投文物館にも行ってきました!

前回、別の場所で館長さんお会いしたのですが、その時に作品集を見ていただくと、とても興味を持って下さり、次に台北に来たときには是非北投文物館に来てほしいとおっしゃって下さったので訪れることに。

日本時代の木造建築物で、素敵でした。

 

その他にも、いろいろな方にお会いしました。お世話になりありがとうございました。

九州合同県人会にも参加させていただきました。台湾なのに、全員日本人、ちょっと不思議な感じでしたがすごく楽しかったです。誘っていただきありがとうございました!

 

とても充実した15日間でした。

 

 

 

 

京都にある学芸出版社に行ってきました!

『図説 やさしい建築法規』の改訂版が出ることになったのでご挨拶に。メールでやりとりはできるのですが、たまには顔を合わせておかないとです。

夜は、学芸出版社の皆さんと、『図説 やさしい建築計画』の著者の深水さんと一緒に、素敵なクラフトビールのお店に

ほんと素敵でした!!

いろいろなお話しも聞けて、刺激的な時間でした!!

かなりの事後報告ですが、OCTASEの住宅模型を製作しました!

縮尺 1:50

8月1日〜5日まで、サハリンに行ってきました!

ユジノサハリンスクを拠点に、1〜2時間ほどバスに乗っていろいろな所に行ってきましたよ!

 

○ユジノサハリンスクのバスターミナル

写真に写っているバスは比較的綺麗だけど、実際に乗ったバスは、ほとんどが、まーまーボロボロ、超ボロボロでした。

途中で止まったらどうするんだろう??ってちょっと心配なぐらいでしたが、意外と普通に着くもんですね。

 

○ドリンスクの港町

終点で降りたのですが、バスの運転手のおじさんが、「もう少し先に展望所があるからバスに乗りなさい!その代わり、帰りは自分で歩いて帰ってくるんだよ!」と言って連れて行ってくれました。全く言葉はわからなかったけど、そうなのかなと思ってまたバスに。本当に親切なおじさんでした。

蚤の市、フルーツがいっぱいでおいしそうでした〜〜

蚤の市を抜けると

王子製紙の工場跡も

 

○ホルムスクの港町

 

他にも3カ所ほど行きました!!

 

最後の夜は素敵なレストランで食事です。でも、おいしくいただきすぎて食事の写真を撮るのを忘れてしまいました〜

ロシア語はさっぱりわからないので、知っていないとレストランかどうかわからない・・・

いくつかの部屋に分かれていて、家庭的な雰囲気の素敵なスペースです

店内の装飾は、実際に料理に使われる野菜たち

 

7年ほど前に行ったときは、ほとんど英語が通じなかったので、今回もそのつもりで、ありがとうの「スパシーバ」ばかり言っていたのですが、よく考えると、意外と英語をしゃべってくれていたような。もっと英語で話しかければ良かった〜〜 

でも、全然しゃべれなくても、伝えようという意思があればなんとかなるもんですね。

本当に多くの方に親切にしていただきました!

 

素敵な旅でした!!

 

5月から作り始めていた国立台湾博物館の模型が完成しました。

 

国立台湾博物館 

縮尺 1:150 

正面側ではなく、公園側の日本統治時代の復元模型です。

実質の製作期間は2ヶ月ほどだと思います。

 

 

正面側は建設当初とほぼ変わりがないようですが、公園側は、2階と3階の外廊下がなくなり、現在は、外廊下の手すりだった部分が外壁となり、外廊下は内側の廊下として使われています。

そこで、建設当時の図面や、日本時代に撮影された写真などを参考に、復元模型を製作しました。

 

素敵な建物ですね!

 

 

大きさがわかるように、メガネを前に置いた写真も!