日比谷図書文化館での日比谷カレッジです。

最初は3月7日、でもコロナの影響で6月6日に延期、そしてまた、コロナが収まらず7月19日に延期。コロナはまだ収束してはいないけど、7月19日、ついに開催されました!3度目の正直です!!

 

しかも、当初は小ホールの予定だったけど、ソーシャルディスタンスの関係で大ホールでの開催。壇上での講演です!!

しっかり間隔を開けてお座りいただいていたので、壇上から見ても、全然ガラガラには見えないし、ゆっくりゆったりお聞きいただけたと思います。

 

ただ、私が緊張した〜〜〜〜

頭が真っ白にとはならないけれど、最初は特に息が続かない。座って話すのでよけいかも。。

それでも、とっても楽しかったです!!

 

でも、よく見ると、スライドの文字まちがってる〜〜〜

じっくり眺める行ってみました。→→→ じっくり眺めに行ってみました。

です。恥ずかし〜〜〜

 

壇上には、両側に台湾総督府と国立台湾博物館の模型、中央に、作りかけのパーツや図面、写真などを展示しました。

始まる前も、終わった後も、じっくり見てくださっていました。

 

 

こんな素敵な経験をさせてくださって、特別研究室の皆様、日比谷図書文化館の皆様には感謝でいっぱいです。

ありがとうございました。

 

※写真は、日比谷図書文化館 特別研究室よりいただいたものです。